在籍確認なしのカードローン比較

電話の在籍確認を回避するならプロミス

融資の申し込みをすると必ず審査を受けなければならなくなってきますが、その審査の中で電話による在籍確認があって職場へキャッシング会社から電話がかかってくることになります。一般的にキャッシング会社からの電話だとわからないように工夫されて電話がかかってきますが、それでも金融会社からの電話ですとどうしても避けたいという方も少なくはないと考えられます。

そうした場合に役立つのがプロミスのキャッシングサービスであり、申込みをする際に事前に申し出ておくことによって、電話以外の方法で職場への在籍確認をしてくれるようになっておりますので在籍確認について不安があるという方は、プロミスのキャッシングサービスを活用してみることが重要になってくると思います。

電話での在籍確認を避けたいと思うならプロミス

キャッシングをする際に気になるのが、申し込みをした本人の勤務先への在籍確認です。融資を行う側にとっては、申し込み者が申告した勤務先に本当に在籍しているかを確かめるのは当然の行為となります。

とはいえ、やはりあまり気持ちの良いものではありません。会社に借金がバレるのではないか、など不安な要素はたくさんあります。しかし最近では、在籍確認を別の形で行うキャッシング会社も増えて来ました。

その中のひとつがプロミスで、プロミスでは電話での在籍確認の代わりに給与明細、健康保険証の写しの提出で在籍確認を行い融資を行っています。当然電話での在籍確認という方法もありますが、どうしても電話での在籍確認を回避したい人は、プロミスで融資前に相談する事をお勧めします。総量規制対象外のカードローンはみずほ銀行 カードローン 増額もオススメできます。みずほ銀行カードローン審査は在籍確認があります。

キャッシングの審査で確認

保証人なしで利用できる

人は生活をしていく中で必要なお金が足りなくなってしまうことがありますが、このような場合には銀行や消費者金融などの金融機関でキャッシングを利用してお金を借りることになります。キャッシングとは個人に少ない金額のお金を融資することをいい、原則担保なし、保証人なしで利用することができるので個人にとっては一番利用しやすいお金の調達方法であると言えます。

そしてキャッシングを利用する場合にはまず借入の申込をして審査を受ける必要がありますが、その際においてどのようなことが確認されるのかというと基本的にお金を貸しても問題はないかどうかを判断するために必要な事項を確認することになります。具体的には仕事をしていて継続的な収入を得ているのかどうかです。継続的な収入があるほうが返済をしてくれる可能性が高いと判断できるのでこの事項を確認することになります。

次に他の金融機関から借入があるかどうかといったことも判断されます。これも返済をしてもらえる可能性が高いかどうかを判断する基準ですが、それと同時に総量規制によって規制されている貸出限度額を把握するために確認することになります。それから信用情報機関に登録されているかどうかも当然審査の対象になります。

個人での利用には最適

人は生活をしていく中で必要なお金が足りなくなってしまうことがありますが、このような場合には銀行や消費者金融などの金融機関でキャッシングを利用してお金を借りることになります。キャッシングとは個人に少ない金額のお金を融資することをいい、原則担保なし、保証人なしで利用することができるので個人にとっては一番利用しやすいお金の調達方法であると言えます。そしてキャッシングを利用する場合にはまず借入の申込をして審査を受ける必要がありますが、その際においてどのようなことが確認されるのかというと基本的にお金を貸しても問題はないかどうかを判断するために必要な事項を確認することになります。

継続的な収入があること

具体的には仕事をしていて継続的な収入を得ているのかどうかです。継続的な収入があるほうが返済をしてくれる可能性が高いと判断できるのでこの事項を確認することになります。次に他の金融機関から借入があるかどうかといったことも判断されます。これも返済をしてもらえる可能性が高いかどうかを判断する基準ですが、それと同時に総量規制によって規制されている貸出限度額を把握するために確認することになります。それから信用情報機関に登録されているかどうかも当然審査の対象になります。